野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

SB大隣が約1年ぶりの先発登板へ 「不安よりも楽しみの方が大きい」

ソフトバンクは10日の楽天戦に大隣憲司を先発させる。大隣は、2014年7月に難病の黄色靭帯骨化症から復活。昨季は開幕ローテに入りながら6月に左肘の故障でチームを離れ、手術に踏み切った。

フォームの「間合い」に手応え、「それが自分の持ち味」

 ソフトバンクは10日の楽天戦に大隣憲司を先発させる。大隣は、2014年7月に難病の黄色靭帯骨化症から復活。昨季は開幕ローテに入りながら6月に左肘の故障でチームを離れ、手術に踏み切った。

 大隣にとっては昨年6月9日の阪神戦以来、397日ぶりの1軍マウンド。久々の1軍復帰にあたって大隣自身が手応えを感じているのが「フォームの間合い」だという。

「バッターがズレを感じるような間合い。それが自分の持ち味だし、それがまっすぐのキレやチェンジアップの抜けにつながる。2軍の最後の方の数試合でそういう間合いが出だしたので(1軍登板の)準備はできたと思う。不安よりも楽しみの方が大きい。やることはすべてやってきたので、あとは1軍のマウンドでそれをどう出せるかだけ」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中