巨人長野、大量失点防ぐビッグプレー 身を投げ出すようにライナー好捕

抜けていれば走者一掃の3点は確実も、好守で救う

 巨人の長野久義外野手が12日の広島戦(マツダスタジアム)で大量失点を防ぐビックプレーを見せた。

 同点の2回2死満塁。田中広の打球は右翼フェンス前へライナーで飛んだ。右翼・長野は快足を飛ばして打球へ一直線。最後は身を投げ出すようにグラブを出して好捕した。

 打球が抜けていれば、走者一掃の3点は確実だった。マウンド上の内海は両手をたたいて喜んだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

JERAセ・リーグAWARD

RECOMMEND

KEYWORD

CATEGORY