野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

前半戦で圧巻の貯金「30」、ホークス工藤監督が見る独走の要因&MVPは?

13日のロッテ戦に勝利し、今季最多の貯金30でオールスターブレークに入ったソフトバンク。工藤公康監督のシーズン前半戦の総括会見と、その後も囲み取材分を含めて一問一答形式でまとめてみた。

20150918_kudo

貯金は「(予想より)遥かに上」、前半戦「投」のMVPは和田

 13日のロッテ戦に勝利し、今季最多の貯金30でオールスターブレークに入ったソフトバンク。工藤公康監督のシーズン前半戦の総括会見と、その後も囲み取材分を含めて一問一答形式でまとめてみた。

――大きな貯金をもってシーズンを折り返すことになったが?

「選手たちが3連覇という大きな目標のために、シーズン最初からしっかりといいコンディショニングで戦ってきてくれたおかげ。本当に選手たちに感謝しかないですね。貯金は(シーズン当初の予想より)はるかに上。他のチームもがんばっているのでゲーム差自体はそれほど広がっていませんが、十分な戦いをしてくれていると思っています」

――試合の終盤に競り勝つ試合も多かったが、チーム力についてはどう見ているか?

「最後まで諦めないという気持ちがみんなにあるから逆転劇も生まれるし、3連覇したいという思い、何とか勝つんだという思いが試合の中に出ていると思います。長いシーズンなので、試合に出ていても身体の中で痛みを伴ったり、苦しいところもあるのでしょうが、そういう素振りも見せずにしっかり試合をやってくれている選手たちは、本当に意志が強いと思います。野手だけではなく、ピッチャーも『これ以上、点はやらないぞ』と抑えてくれているからこそ、最後の逆転につながっていると思います」

――前半戦の中で印象に残った試合は?

「吉村くんが素晴らしい2本のホームランを打った楽天戦(4月17日)ですかね。あれは本当に今年のチームを象徴するような試合。みんなが諦めないでチャンスを作り、吉村くんがしっかり打ってくれたというところは、ボクの中に残っています」

人気記事ランキング