野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

マドンナJ、W杯5連覇へ出場20選手発表 清水美佑が高校生で唯一メンバー入り

NPBエンタープライズは14日、第7回WBSC女子野球ワールドカップ2016に向け、侍ジャパン女子代表選手20名を発表した。

新ユニも発表、最大ライバルは「アメリカ」と大倉監督

 NPBエンタープライズは14日、第7回WBSC女子野球ワールドカップ2016に向け、侍ジャパン女子代表選手20名を発表した。

“なぜ山本昌氏は50歳まで投げ続けられたのか U-15、U-12世代へ贈る言葉(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 今回選考されたのは、6大会連続出場となるベテラン外野手の志村亜貴子(アサヒトラスト)、4大会連続出場の六角彩子内野手(侍)、3大会連続出場の川端友紀内野手(埼玉アストライア)、唯一の高校生メンバーとなる清水美佑投手(埼玉栄高)といった面々。5連覇に向けて“マドンナジャパン”を牽引する大倉孝一監督(環太平洋大学)は、選手選考のポイントについて「機動力を重視した。そこからでも仕掛けられるチームを目指した」と語った。

 9月3日から韓国・釜山で開催される第7回WBSC女子野球ワールドカップ2016で、グループBに組み分けされたマドンナジャパンは、カナダ、オランダ、インドとリーグ戦を戦う。ここで2位以内に入れば、決勝リーグに進出できる。大倉監督は、最大のライバルとして「3大会連続で決勝で当たっているアメリカ」を挙げながら「オーストラリアとカナダもマークしなければいけないチーム」と警戒。事前に対戦相手の情報が得づらい環境もあるが「戦いながら決勝リーグに入るまでに、各国の戦力を見極めたい」と話した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中