野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

進化する二刀流・大谷翔平に弱点はあるのか “苦手”とする打者は?

投手としても、打者としても、大きな隙のなくなってきた感のある日本ハム・大谷翔平投手。当初は懐疑的な見方が大半だった「二刀流」を驚くべき早さで極めつつある。「進化」という言葉が陳腐に聞こえてしまうほど、大きなストライドで人々の想像を超えてしまった。

20160501_ohtani

大谷翔平ヲ包囲セヨ!「大谷キラー」は誰?【対打者編】

 投手としても、打者としても、大きな隙のなくなってきた感のある日本ハム・大谷翔平投手。当初は懐疑的な見方が大半だった「二刀流」を驚くべき早さで極めつつある。「進化」という言葉が陳腐に聞こえてしまうほど、大きなストライドで人々の想像を超えてしまった。

 もちろん他のチームとしては「難攻不落」化しつつある大谷を攻略する手立てを施さなければならないが、選手個々ですでに「大谷攻略」ができている選手も存在する。今回はまず、「投手・大谷翔平」を得意としているパの選手をピックアップしてみた。基準は大谷が入団した2013年から年8回程度(2試合)の対戦を繰り返し、今年現時点で計28打席以上の対戦をしたことのある選手に限っている。

ソフトバンク・長谷川勇也 30打席 26打数 10安打 .385
ソフトバンク・松田宣浩 35打席 35打数 13安打 .371
楽天・銀次 34打席 33打数 12安打 .364
ロッテ・鈴木大地 32打席 23打数 8安打 .348
ソフトバンク・中村晃 46打席 41打数 14安打 .341

 主なところでは、この5選手が「大谷キラー」ということになった。大谷があまり得意としないソフトバンク(通算防御率4.09)の選手が3人並ぶ形だ。

 最も大谷に対する対戦打率が高かったのは、長谷川。しかし2013年、2014年にいずれも5安打を放ったのが大きく、2015年と今年2016年はいずれもノーヒット。一方、松田は毎年対戦打率が3割3分3厘を超えており、今年も6打数3安打。また中村晃は毎年3安打以上、打率も2014年からは3割以上で、今年も5打数3安打。大谷にとってみれば明らかな苦手意識を持っていてもおかしくなく、彼らにとってはいずれも「難攻不落」とまではいかないことを示す数字だ。

人気記事ランキング