野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 甲子園出場経験のある両校の対戦 都立城東が“2年生対決”を制し日大一破る

甲子園出場経験のある両校の対戦 都立城東が“2年生対決”を制し日大一破る

第98回選手権東東京大会3回戦、都立城東vs日大一。雨の影響で内野のグラウンドがぬかるんでいる江戸川区球場での第1試合は、お互い過去に甲子園出場のある日大一対都立城東の試合。

両校ともに2年生が先発、5回までゼロを並べる

 第98回選手権東東京大会3回戦、都立城東vs日大一。雨の影響で内野のグラウンドがぬかるんでいる江戸川区球場での第1試合は、お互い過去に甲子園出場のある日大一対都立城東の試合。日大一は初戦の2回戦で打線が上手く噛み合いコールド勝ちで突破していた。これを迎え打つは、今大会注目エースの関根智輝率いる都立城東。この夏初戦だ。

 都立城東の先発は、背番号11の2年生投手・小林甲汰。日大一の先発は2年生エースで左腕の大塚巧巳。立ち上がり、都立城東の小林は四球が少し多くなるものの、荒れ球のせいか日大一打線に的を絞らせない。対する日大一の大塚は、サウスポーを活かした強気の投球で打者の内角に投げ込み、要所をしっかりと抑える。お互い、粘り強いピッチングを見せ5回まで0の数字を並べた。

 雨がさらに強くなっていく中、試合を動かしたのは都立城東だった。6回裏の先頭・武政要がフォアボールで出塁すると、主将で4番の高野慎太郎がバント。得点圏にランナーを置き堅実な野球を見せる。ここで5番・長濱有昨が初球を捉えてレフト頭上を襲う。レフトがもたついている間に二塁に到達。都立城東が均衡を破った。

 続く6番・田中颯人、7番・中島誠丈が連続ツーベースで2点を追加。日大一の大塚がついに都立城東打線に掴まった。日大一は流れを断ち切ろうとここで上原弘大をマウンドに上げる。しかし、雨の影響か緊張のせいか。連続四球などで押し出しになり、さらに1点を与えて4-0で都立城東がリードして6回裏を終了した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中