野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 侍ジャパン
  • U-23代表
  • 【日米大学野球】米国代表の二刀流、日本の二刀流・大谷の活躍に仰天!? 3度も「ワォッ!」

【日米大学野球】米国代表の二刀流、日本の二刀流・大谷の活躍に仰天!? 3度も「ワォッ!」

今日17日に最終戦を迎えた第40回日米大学野球選手権。第4戦に大勝し、2勝2敗のタイに持ち込んだ米国代表の中で、投打両面で活躍するのが、米大学野球界の二刀流、ルイビル大2年のブレンダン・マクケイ選手だ。

20160715_Macly

すでにメジャー級の自信を持つ逸材「高い契約を提示する球団ならどこでも」

 今日17日に最終戦を迎えた第40回日米大学野球選手権。第4戦に大勝し、2勝2敗のタイに持ち込んだ米国代表の中で、投打両面で活躍するのが、米大学野球界の二刀流、ルイビル大2年のブレンダン・マクケイ選手だ。今大会の選手登録は投手で第3戦に先発したが、それ以外の3戦は一塁&DHとして全イニング出場。投げては4回を1安打無失点、打っては12打数4安打3得点と、日本代表の前に立ちはだかっている。

“なぜ山本昌氏は50歳まで投げ続けられたのか U-15、U-12世代へ贈る言葉(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 投手も野手もそれぞれに好きだというマクケイ。「今まで全ポジションをプレーしたことがあるんだ。投手の時はかなりの集中力が要求されるし、野手の時はとてもリラックスして試合に臨める。そのバランスがいいんだよね」と話す。メジャー球団のスカウトたちは、打者としても高く評価しているが、これから先、どちらか道を選択しなければならない時は「多分、投手を選ぶことになると思う」という。

 もちろん目指すはメジャーリーガー。ペンシルバニア州で生まれ育った左投左打の二刀流は「パイレーツとかフィリーズの試合結果は気になる」と言いつつも、契約社会のアメリカを象徴するかのように、自分の将来については非常にドライな考えだ。

「メジャーリーガーにはなりたいし、それを目標にプレーしているけど、特にどの球団に行きたいっていうのはないんだ。自分のことを高く評価して、高い契約を提示してくれるところだったら、どの球団でもいいって感じかな」

人気記事ランキング