野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

侍Jが11月に強化試合 小久保監督「メジャー選手の招集は前向きに考える」

小久保裕紀監督率いる侍ジャパンが、11月10日から13日にかけて、東京ドームでメキシコ代表、オランダ代表との強化試合に挑む。

メキシコ、オランダと激突、小久保監督「負けないメンバー編成で挑みたい」

 小久保裕紀監督率いる侍ジャパンが、11月10日から13日にかけて、東京ドームでメキシコ代表、オランダ代表との強化試合に挑む。10日、11日がメキシコ代表戦、12日、13日がオランダ代表戦の合計4試合で、全試合DH制を採用し、WBC使用球を使用。延長10回以降はタイブレークが実施され、最大延長は12回までとなる。

“レジェンド”山本昌氏が語る侍ジャパンの魅力「ここから5年は本当に強い」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 小久保監督は、坂本勇人(巨人)、中田翔(日本ハム)、山田哲人(ヤクルト)、大谷翔平(日本ハム)の4選手とともに代表ユニフォーム姿で発表会見に登場。「来年のWBCに向けて最後の強化試合。メキシコ、オランダともにいいメンバーが集まると聞いているので、それに負けないメンバー編成で挑みたい」と力強く語った。

 今回の強化試合では、WBC同様に選手本人と所属球団の承諾が取れれば、現役メジャーリーガーの出場も可能だという。「メキシコ代表はWBCを見据えてメジャーリーガーを含めた強いチームを編成すると聞いている。非常にレベルの高いチームと強化試合ができるのはうれしいこと」と小久保監督。日本チームの編成も「交渉は必要だが、メジャーの選手の招集は前向きに考える」といい、WBC本番により近い形の強化試合となりそうだ。実際に小久保監督は8月に渡米する予定だ。

「チーム編成、本人の健康状態も含めて話してみないとわからないと思いますが、(11月に招集したい)考えはあります。まだ最終調整をしている段階なので、その調整がうまくいけばメジャーで活躍する日本人全員と会う予定。所属チームのこともありますが、まず選手たち本人と会って話をしていこう、と。その後の出場できるかどうかの交渉は、(所属)球団も含めてということになります」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中