野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 首位・広島、悲願Vへいよいよ後半戦 緒方監督「ファンの声援あっての成績」

首位・広島、悲願Vへいよいよ後半戦 緒方監督「ファンの声援あっての成績」

25年ぶりの悲願に向け、広島の後半戦がスタートする。前半戦を52勝33敗2分、貯金19で2位の巨人との差は10ゲームと、1991年以来のリーグ優勝が現実的なものになりつつある。

重要なポイントは「先発投手」

 25年ぶりの悲願に向け、広島の後半戦がスタートする。前半戦を52勝33敗2分、貯金19で2位の巨人との差は10ゲームと、1991年以来のリーグ優勝が現実的なものになりつつある。

「ゲーム差に関しては、後半戦も考えない。これまでと同じで、一戦一戦という気持ちは変わらない」という緒方監督は、7月最終週から続く6連戦に向けて「夏場はピッチャーが一番苦しい時期。6連戦が続くので、先発を揃えなければいけない。その中で2軍から大瀬良、福井が加わってくれれば」と、一軍の先発ローテで実績のある2人の右腕に期待する。さらに「ピッチャーがゲームを作ってくれないと試合にならないので、それが第一。先発投手は重要なポイントになる」と続けた。

 主要のチーム成績が軒並みトップの攻撃陣については、「各コーチがしっかりと自分の考えを理解して、選手に伝えて指示を出してくれている」と好調の要因を分析し、「その中で得点圏打率、出塁率をいかに伸ばしていけるか」をポイントに挙げた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中