野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島大瀬良が右肘負傷から復帰し、今季初登板 先頭打者アーチを被弾

広島大瀬良が右肘負傷から復帰し、今季初登板 先頭打者アーチを被弾

右肘内側側副靭帯の部分損傷を発症して2軍調整を続けていた広島・大瀬良大地投手が、20日の中日戦で今季初登板。名前がコールされると真っ赤に染まったマツダスタジアムのファンから大歓声。「お帰りなさい」と書かれたボードを持つファンもおり、待ち望んでいた復帰登板となった。

広島カープ

ファンも待望の復帰登板も…初回は2失点スタート

 右肘内側側副靭帯の部分損傷を発症して2軍調整を続けていた広島・大瀬良大地投手が、20日の中日戦で今季初登板。名前がコールされると真っ赤に染まったマツダスタジアムのファンから大歓声。「お帰りなさい」と書かれたボードを持つファンもおり、待ち望んでいた復帰登板となった。

 緊張の初回。先頭の大島に対しての2球目が甘くなり、ライトスタンドへ運ばれた。復帰登板でいきなり被弾した。2人目の打者、エルナンデスの打球は菊池の好捕で1つ目のアウトを取ったが、ヒットや四球で走者をためてしまい、福田に2点目のタイムリーを浴び、初回に2失点スタートなった。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング