野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー四球増を米メディア分析 42歳の“進化”に「白旗を掲げるしかない」

イチロー四球増を米メディア分析 42歳の“進化”に「白旗を掲げるしかない」

米スポーツ専門メディア「スポーツ・オン・アース」は特集記事を組み、42歳の“進化“に「白旗を掲げるしかない」と脱帽している。

20160720_ichiro2

「全てをこなしてしまう」イチローになかったもの、今季は四球が大幅に増加

 メジャー通算3000安打まで残り6本と迫るマーリンズのイチロー外野手が見せる“モデルチェンジ”に、米メディアの注目が集まっている。メジャー最年長野手は今季、打率.343と好調を維持。さらに、出塁率は.421と特筆すべき数字を残している。四球の数は明らかに増加。約8.61打席で1四球を選んでおり、昨季までの15シーズンで記録した16.68打席で1四球という数字を大きく上回るペースとなっている。米スポーツ専門メディア「スポーツ・オン・アース」は特集記事を組み、42歳の“進化“に「白旗を掲げるしかない」と脱帽している。

 記事ではまず、走攻守の全てをハイレベルで兼ね備える背番号51が、メジャーの歴史を塗り替えるシーズン262安打を放った2004年について回顧。「イチローは全てをこなしてしまう存在であった。打率.372にシーズン新記録となる安打記録、さらに36盗塁も決めた素晴らしい右翼手であった」と紹介している。

 ただ、その中で1つだけ欠けていたものとして挙げられているのが、四球だ。「全て、と言っても一つだけ例外がある。それが四球だ。762打席でわずか49四球、さらにこの数字にはリーグ1位の19敬遠も含まれるため敬遠を除くとわずか30四球であった」。イチローがボール球までもヒットにしてしまう圧倒的な技術を持っていたことが理由とも言えるが、2004年の打率はリーグトップの.372ながら、出塁率は.414と今季の数字とほぼ変わらなかった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中