野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 明暗分けた新戦力の前半戦、最優良株はソフトバンク和田毅

明暗分けた新戦力の前半戦、最優良株はソフトバンク和田毅

勝負の夏。昨オフに海外からの復帰組やFA権を行使し国内移籍した選手、戦力外通告後に他球団へ移籍した選手たちは何をしているのか。前半戦の成績を振り返ってみたい。

20160329_wada

折り返した後半戦、優勝の行方を左右する新戦力の活躍

 プロ野球はオールスターブレイクを終え、18日から後半戦へ突入した。

 セ・リーグは首位・広島が20日までに2位・巨人に10ゲーム差を付けて独走。一方のパ・リーグは首位・ソフトバンクを2位・日本ハムが猛追。最大11.5ゲーム差が開いたが、20日までに4.5ゲーム差に縮めた。

 勝負の夏。昨オフに海外からの復帰組やFA権を行使し国内移籍した選手、戦力外通告後に他球団へ移籍した選手たちは何をしているのか。前半戦の成績を振り返ってみたい。

 新戦力として活躍が目立つのがソフトバンク・和田毅だ。古巣復帰後初勝利となった4月12日の西武戦(西武プリンス)から自身6連勝をマークするなど、リーグトップタイの9勝。首位を走るチームの先発ローテの軸として奮闘し、オールスターにも出場した。阪神・藤川球児は先発として開幕ローテ入り。しかし、1勝2敗、防御率6.12と振るわず、5月14日のDeNA戦(横浜)からリリーフ転向した。中継ぎ、抑えでは21登板で防御率3.05。火の玉ストレートの完全復活が待たれる。

人気記事ランキング