野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 2年目ジンクス感じさせないハム有原、栗山監督が分析する進化の要因

2年目ジンクス感じさせないハム有原、栗山監督が分析する進化の要因

日本ハムの有原航平投手が22日のオリックス戦(札幌ドーム)で先発し、7回6安打無失点。自身5連勝で、プロ2年目で初の2桁勝利となる10勝を手にした。

20160427_arihara

リーグ最多タイ10勝目の有原「気持ちの面で打者に向かっていけている」

 日本ハムの有原航平投手が22日のオリックス戦(札幌ドーム)で先発し、7回6安打無失点。自身5連勝で、プロ2年目で初の2桁勝利となる10勝を手にした。

 昨季は8勝6敗、防御率4.79で新人王を獲得。2年目の今季はここまでソフトバンク・和田、ロッテ・石川に並びリーグトップタイの10勝敗、リーグトップの防御率1.61と、好成績を残している。「エース格」と期待する栗山英樹監督は、進化の秘訣をこう分析している。

 栗山監督「困ったら原点投球が出来る。右打者の外角低めへきっちり投げられている。大事な試合になればなるほど、四球が絡む。簡単にストライクを取れない相手でも、覚悟を決めて、そこへ投げられている」

 10勝目を挙げたオリックス戦では決して本来の投球とは言えなかった。初回先頭の西野に四球を与えるなど序盤は制球が定まらなかったが、2四球に抑えた。昨季は103回1/3で35与四死球だったが、今季は106回で21与四死球。ここが進化の秘訣というわけだ。

人気記事ランキング