野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • 高校野球
  • コラム
  • 【高校野球】主砲が大会史上初1試合3発 盤石の状態で4強入りした選抜準V・高松商

【高校野球】主砲が大会史上初1試合3発 盤石の状態で4強入りした選抜準V・高松商

香川大会ベスト4最後の椅子を巡ってセンバツ準優勝・20年ぶり20回目の夏甲子園出場を目指す高松商と3年ぶり5度目の夏制覇を期す丸亀が激突した準々決勝。

4強が出揃った香川大会

 香川大会ベスト4最後の椅子を巡ってセンバツ準優勝・20年ぶり20回目の夏甲子園出場を目指す高松商と3年ぶり5度目の夏制覇を期す丸亀が激突した準々決勝。22日に行われた試合の結果は、高松商が香川県営野球場(レクザムスタジアム)の青空に82分間で5発の大花火を打ち上げ、15安打16得点。戦後から換算して2年連続46度目となるベスト4進出を決めた。

 先陣を切ったのは1回表2死一塁で打席に立った4番の植田響介(3年)である。1ボール1ストライクから丸亀先発左腕・東条拓哉(3年)の真ん中外よりストレートを捉えた彼の打球は追い風にも乗り、右中間最深部の芝生席に到達した。

 自身高校通算21号、大会11号の2ランで一気に主導権を握ると、続く2回表、4点を加えた後の1死二、三塁でもインコースのストレートにバットを払うように出す技ありスイングでレフト芝生席へ2打席連続となる3ラン。9-0と試合を完全に決めた。

 この快挙に高松商打撃陣は全員で続いた。3回表には丸亀2番手・戸城凌(3年)に対し、1死二、三塁から1番・安西翼(3年)が右翼ポール際芝生席に高々と運ぶ高校通算9本目となる3ラン。さらに3番・米麦圭造主将(3年)も3回戦の四国学院大香川西戦に続く2試合連続・高校通算17本目のソロアーチをバックスクリーン左へ。この回も4得点。4回にも2死走者なしから得点を奪うソツのない攻めを見せた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中