野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 田中将大
  • 田中将大、白星逃すもNYメディアは高評価「バムガーナーを凌駕した」

田中将大、白星逃すもNYメディアは高評価「バムガーナーを凌駕した」

ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)の本拠地ジャイアンツ戦で6回4安打無失点の好投を見せた。不安視されていた中4日の登板間隔で臨んだ一戦で力投を見せ、地元メディアも高評価。

20160723_tanaka

不安視されていた中4日の登板で好投、8勝目お預けも地元紙は力投評価

 ヤンキースの田中将大投手が22日(日本時間23日)の本拠地ジャイアンツ戦で6回4安打無失点の好投を見せた。不安視されていた中4日の登板間隔で臨んだ一戦で力投を見せ、地元メディアも高評価。「マディソン・バムガーナーを凌駕した」と称賛している。米紙「ニューヨーク・デイリーニュース」が報じている。試合は田中が降板後に同点に追いつかれたため、8勝目はならず。ヤンキースは終盤に勝ち越して3-2と競り勝った。

 鉄壁のはずのブルペンが崩れ、8勝目を逃した田中だが、辛口の地元メディアから高い評価を受けた。

 この日の相手は現在ナ・リーグ西地区首位を走る強豪。投げ合ったのは相手エース左腕バムガーナーだった。その一戦でバムガーナーが1回、2回と失点する中、田中は粘りの投球を披露。2、3、4回と得点圏にランナーを背負うも味方の好守にも助けられ、得点を与えなかった。

 結局、6回無失点で2点リードの状況で降板。その時点で8勝目の権利を手にしていたが、7回に登板したベタンセスが1失点すると、8回にミラーも1失点で同点に。この瞬間、田中の白星が消えた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中