野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム栗山監督が熟練矢野の選球眼を絶賛「自分は100回立っても絶対振る」

日ハム栗山監督が熟練矢野の選球眼を絶賛「自分は100回立っても絶対振る」

日本ハムの栗山英樹監督が23日のオリックス戦(札幌ドーム)で、7回に反撃の口火を切った矢野謙次の打席を大絶賛した。

ベテランの四球をきっかけに逆転勝利「あの1死満塁が勝負だった」と指揮官

 日本ハムの栗山英樹監督が23日のオリックス戦(札幌ドーム)で、7回に反撃の口火を切った矢野謙次の打席を大絶賛した。

 矢野は2点を追う7回1死満塁。谷口の代打で後半戦初出場。初対戦のディクソンの初球ナックルカーブを空振りしたが、そこで独特の変化をインプット。フルカウントからの6球目。外角低めへの際どいナックルカーブを見送って押し出し四球を選んだ。

 直後の1死満塁の場面で、続く大野の走者一掃3点二塁打で逆転。今季2度目の5連勝で、この時点で首位・ソフトバンクと4ゲーム差に縮めた。試合後、栗山監督は押し出し四球を選んだベテランを高く評価した。

「ゲッツーもあったが、あの1死満塁が勝負だと思っていた。謙次の、あの四球の取り方。自分が打席に100回立っても絶対に振っている。本当に素晴らしかった」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中