野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 福岡ソフトバンクを猛追する北海道日本ハム その差はついに3.5ゲーム

福岡ソフトバンクを猛追する北海道日本ハム その差はついに3.5ゲーム

鷹の影が、うっすらと見えてきた。北海道日本ハムが23日、オリックスに快勝し、球宴を挟んで5連勝。その夜の試合で首位の福岡ソフトバンクが埼玉西武に敗れ、これでゲーム差が3.5ゲーム差に縮まった。

20160217_kuriyama

絶好調の日本ハム、7回1死満塁からの逆転劇で、7月は13勝1敗

 鷹の影が、うっすらと見えてきた。北海道日本ハムが23日、オリックスに快勝し、球宴を挟んで5連勝。その夜の試合で首位の福岡ソフトバンクが埼玉西武に敗れ、これでゲーム差が3.5ゲーム差に縮まった。

 圧倒的だと思われていた前半戦から一転、後半戦始まって早々、パ・リーグの優勝争いが荒れ始めた。主役は北海道日本ハムだ。2点ビハインドの7回1死満塁、矢野選手の押し出し四球で1点を返すと、大野選手が「興奮して鳥肌が立った」という、左中間への走者一掃の適時二塁打で一気に逆転。さらに2死3塁から、中島卓選手、陽選手の連続適時打と攻撃の手を緩めることなく、この回一挙6得点で試合を決めた。

 球団記録を塗り替えた、6月からの15連勝もあって、7月はまだ1敗。この月だけで12個もの貯金を積み上げた。

 デーゲームだった北海道日本ハムの勝利の後、福岡ソフトバンクはナイターで埼玉西武と対決。4回無死二、三塁から中村晃選手の犠飛で先制。今季8勝無敗という先発の千賀投手は6回無失点でこの日も試合を作ったが、中継ぎ陣が踏ん張れずに終盤に3失点して敗戦。埼玉西武打線の集中力も光ったが、犠飛のみの1得点という結果は、強力打線の福岡ソフトバンクにとっては物足りないものといえる。

人気記事ランキング