野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • ホークス未来のエース候補に試練の時 東浜巨に立ちはだかる壁とは

ホークス未来のエース候補に試練の時 東浜巨に立ちはだかる壁とは

試練の時を迎えている。今季ここまで自己最高となる6勝を挙げているソフトバンクの東浜巨。覚醒の時を迎えつつある右腕の前に、先発ローテ投手として、一つの壁が立ちはだかっている。

20160512_higashihama

今季ここまで自己最高となる6勝、最近の失速の要因は?

 試練の時を迎えている。今季ここまで自己最高となる6勝を挙げているソフトバンクの東浜巨。覚醒の時を迎えつつある右腕の前に、先発ローテ投手として、一つの壁が立ちはだかっている。

 4月15日の楽天戦(ヤフオクD)で今季初先発し、初勝利をつかんだ背番号16。1度の中継ぎでの登板を経て、ローテの一角を担うと、素晴らしい投球を見せ続けた。今季最初の先発は楽天・則本と、その後も、ロッテ・涌井、広島・黒田、巨人・菅野といった各球団のエースとの投げ合いになりながら、負けなしの5連勝をマーク。3連覇を目指すソフトバンク先発陣に不可欠な存在にまでなりつつあった。

 ところが、だ。6月25日の楽天戦(コボスタ宮城)で、7回4安打3失点で今季初黒星を喫すると、それまでの勢いは陰りを見せる。7月2日の日本ハム戦(ヤフオクD)では6回1失点と役割を果たすも、有原の前に打線が沈黙。援護なく、2連敗となった。7月9日の楽天戦(ヤフオクD)では8回2失点で6勝目を挙げたが、7月18日のオリックス戦(ヤフオクD)では今季最短となる5回途中6安打5失点でKO。3敗目がついた。

 最近の失速の原因は「疲労」だろう。1軍で先発ローテを担い続けるのは、プロ4年目で初めてのこと。12試合の先発は、既に自身のキャリアで最多を数えている。疲労の蓄積があるのは、当然のことだ。

 それに加え、右腕の今季の躍進の要因と、疲労蓄積も、決して無関係ではないだろう。

人気記事ランキング