野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 広島・緒方監督が勝負の一手 5回ジョンソンに代打で今季最短降板

広島・緒方監督が勝負の一手 5回ジョンソンに代打で今季最短降板

広島の緒方孝市監督が27日の巨人戦(京セラドーム大阪)で勝負の一手に打って出た。

広島カープ

1死満塁も1点止まり

 広島の緒方孝市監督が27日の巨人戦(京セラドーム大阪)で勝負の一手に打って出た。

 4点を追う5回。下水流の四球、村田の失策などで1死一、二塁のチャンスを作った。打者はジョンソンだったが、ここで緒方監督は代打・小窪を送った。小窪は中前安打で1死満塁に広げた。

 ジョンソンは試合前まで9勝5敗、防御率2.08と安定した投球を見せていたが、この日は4回で2被弾を含む7安打4失点だった。4回降板は今季最短だ。

 一気に反撃したいところだったが、得点は田中の二ゴロの間に1点のみ。緒方監督の勝負手を今後の攻撃につなぎたいところだ。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中