野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ダルビッシュ有、最速98マイル! 6回2失点で3勝目の権利を持って降板

今季3勝目を目指すレンジャースのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、6回を投げて4安打2失点(自責2)でマウンドを下りた。勝利投手の権利を持ったままの降板となった。

6回2死からこの日2安打のデービスを空振り三振に仕留めて雄叫び上げる

 今季3勝目を目指すレンジャースのダルビッシュ有投手は27日(日本時間28日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、6回を投げて4安打2失点(自責2)でマウンドを下りた。勝利投手の権利を持ったままの降板となった。

 制球が定まらず苦しい立ち上がりとなったこの日。初回に先頭クリスプに右翼線に三塁打を弾き返されると、続くラウリーに右犠飛を上げられ、先制点を許した。さらに、2死から4番デービスにカーブを左翼へのソロ弾とされて2失点目。だが、すぐに調子を立て直し、2回、3回は連続して3者凡退に締めくくった。

 味方打線が1点を返した直後の4回、1死から今度はデービスに中堅二塁打を許すと、自らの暴投で走者を進めたが、最後はスモリンスキーを空振り三振に仕留め、難を逃れた。

 5回を再び3者凡退に抑えると、打線が応えた。その裏の攻撃、2死一塁からデズモンドが右中間へ2点弾を運び、逆転に成功した。

 6回は2死からレディックを二塁内野安打で出塁させると、この日2安打されているデービスと対戦。盗塁と味方失策で走者を三塁まで進めたが、3球目には最速98マイル(約158キロ)の速球を投げる気合の対戦を繰り広げた末、最後はカッターで空振り三振に仕留めると、ガッツポーズを作りながら雄叫びを上げた。

 ダルビッシュは93球を投げて64ストライク。7回から2番手ケラにマウンドを譲った。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中