野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • パ首位決戦! 首位ソフトバンクが2位日本ハムと敵地で激突!

パ首位決戦! 首位ソフトバンクが2位日本ハムと敵地で激突!

3連覇を目指すソフトバンクが、後半戦最初の「ヤマ場」を迎える。きょう29日から、4.0ゲーム差まで迫ってきている2位の日本ハムと敵地の札幌ドームで3連戦を戦う。

20160424_kudo

両者のゲーム差はわずか「4」…今後の行方を占う重要な3連戦

 3連覇を目指すソフトバンクが、後半戦最初の「ヤマ場」を迎える。きょう29日から、4.0ゲーム差まで迫ってきている2位の日本ハムと敵地の札幌ドームで3連戦を戦う。勝ち越せば、ゲーム差は「5」まで広がる一方、3連敗となれば、1ゲーム差と肉薄される。今後のパ・リーグの覇権を占う3連戦になるだろう。

 7月に入り、それまでの圧倒的な強さに陰りが見えている王者。3戦連続零封負け、2戦連続零封負けが、それぞれ1度ずつあるなど打線が低調で、月間19試合で10勝9敗と、わずか1つの勝ち越しにとどまっている。一方の日本ハムは6月から続いた15連勝があるなど、18試合で15勝3敗。7月だけで12の貯金を積み増した。勢いだけなら、日本ハムに分がある。

 3連戦の鍵を握る1つのポイントは「日本ハム投手陣vsソフトバンク打線」となるだろう。日本ハムは、エース大谷翔平の先発投手での起用を見送ることが濃厚。となれば、3連戦の先発は、前週のオリックス戦(札幌D)で投げた順番通り、有原航平、高梨裕稔、加藤貴之の3枚と見込まれる。

 先陣を切る有原は、ソフトバンクにとって「天敵」だ。4試合に先発して3勝負けなし。4月3日の東京ドームで8回1失点、5月3日の札幌ドームは8回途中3失点、5月17日の北九州市民球場では9回2失点、そして、7月2日のヤフオクドームでは8回無失点に封じられてにいる。わずか6点しか失っておらず、防御率1.67。しかも、7月は3戦3勝で、1点も失っていない。目下絶好調の難敵をいかに打ち崩せるかが、先手を奪えるか、がポイントになる。

人気記事ランキング