野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 井口資仁が監督の若手“喝”直後に取った行動 最年長野手が担う貴重な役割

井口資仁が監督の若手“喝”直後に取った行動 最年長野手が担う貴重な役割

打った瞬間だった。歓喜に沸くベンチにチラッと視線を送ると、右手人指し指を天高く突き上げた。7月19日に西武プリンスドームで行われた埼玉西武戦。井口資仁選手は地鳴りのような歓声を全身に浴びながらゆったりとダイヤモンドを一周した。

グラウンドでもベンチでも…プロ野球最年長野手が果たすかけがえのない役割

 打った瞬間だった。歓喜に沸くベンチにチラッと視線を送ると、右手人指し指を天高く突き上げた。7月19日に西武プリンスドームで行われた埼玉西武戦。井口資仁選手は地鳴りのような歓声を全身に浴びながらゆったりとダイヤモンドを一周した。

 0-2とビハインドの6回だった。1死満塁。代わったばかりで制球の定まらない埼玉西武の2番手・大石投手のストレートに狙いを定めていた。2ボールから投じたファーストストライク。144キロの直球を打ち返すと、打球は大きな弧を描き、レフトスタンドに吸い込まれていった。通算13本目の満塁本塁打。41歳7カ月での満塁弾は74年のアルトマン氏の41歳0カ月を抜いて球団最年長での満塁アーチとなった。

「バッティングカウントだったからね。良い形で打てた。打てないときは、どうしても消極的になって球を見がちになる。そうではなくて積極的にいこうと思っていた」

 大ベテランならではの読みと経験が生み出す一発はチームを救った。この日までチームは6連敗。7月に入り、投打がかみ合わない状況が続いていた中でお手本とばかりに狙いを定め、積極的に振りにいった。「さすがは井口。あの一打でベンチの雰囲気が変わった。流れが変わった。ベテランらしい一打だった」とベンチで見守る伊東勤監督も絶賛した。

 日米合わせて20年目の経験をチームのために惜しみなく伝えている。それはバットだけではない。試合後に指揮官が若手に喝を入れた後、井口は申し入れたことがあった。「彼らを食事に誘ってもいいですか」。若手に、心のフォローをしてあげたいというベテランの心配りだった。その意図をすぐに察した伊東監督は「ちょっと、いろいろと話をしてあげてくれ」と快諾した。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中