野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

ホークス工藤監督、ハムアレルギーにも「やり返していけばいい」

7日、日本ハムとの首位攻防第3戦に3-8で敗れ、ゲーム差を4とされたソフトバンク。この日は、打線がチャンスを作るものの、すべて無得点あるいは最少得点で終わった。試合後の工藤公康監督も「今日はチャンスを活せたかどうかの差だね」と語った。

この日の負けは「チャンスを活かすかどうかの差」

 7日、日本ハムとの首位攻防第3戦に3-8で敗れ、ゲーム差を4とされたソフトバンク。この日は、打線がチャンスを作るものの、すべて無得点あるいは最少得点で終わった。試合後の工藤公康監督も「今日はチャンスを活せたかどうかの差だね」と語った。

「チャンスで一本出れば苦労はしないよ。相手はそれを活かして、こっちは活かせなかった。それでもみんな一生懸命やっているし、チャンスを作れているのは(打線の調子が)上向いている証拠だと考えたい。今日で終わりじゃないし、また切り替えていきたい」

 初回に1点を先制するも、3回に中田翔の三塁ゴロが松田宣浩の目の前で大きくイレギュラー。これが逆転打となり、そこから先発の中田賢一、2番手の岩嵜翔が一気に4点を失った。

「あれ(イレギュラータイムリー)を捕れという方が無理。ただ、逆転されても、ベンチの中にはまだまだという雰囲気はあったし、元気は良かった。『1点ずつ返していこう』という声が出ているのは、また次につながると思う」

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中