野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • コラム
  • 未だ残される選択の余地 疑惑のスラッガー取り巻くドラマに“続編”あるか

未だ残される選択の余地 疑惑のスラッガー取り巻くドラマに“続編”あるか

メジャーリーグで通算696本塁打を放っているアレックス・ロドリゲス内野手(41)が7日(日本時間8日)、12日(同13日)の本拠地でのレイズ戦を最後に現役引退する意向を表明した。

20160809_arod

両者にとって最良の選択― Aロッド、突然の終幕

 メジャーリーグで通算696本塁打を放っているアレックス・ロドリゲス内野手(41)が7日(日本時間8日)、12日(同13日)の本拠地でのレイズ戦を最後に現役引退する意向を表明した。同時に、契約が残っている来季までヤンキース・オーナー付特別アドバイザー兼インストラクターに就任することもヤンキースから発表された。過去にヤンキースとA・ロッドが繰り広げてきた泥沼の抗争劇を考えれば、双方ともにベストの決断に至ったように思える。

「ベースボールとチームを愛している。双方に別れを告げるときがきた。18歳のときはメジャーで生き残ることが目標だった。22年間プレーできるとは思っていなかった」と話すと、涙をこらえきれなくなった。ロドリゲスによると、オーナーから自由契約の話を持ちかけられたのが今月3日。突然の終幕に気持ちの整理がつくはずもない。最後まで「球団の決断を尊重する」という言葉を用い、自らに選択肢が残されていなかったことを示唆した。

 今季打率2割4厘と不振の41歳は、トレード期限の8月1日までに主力選手を大量放出し、来季に向けて若手に切り替えているチームで浮いた存在だった。1か月前くらいから自由契約にされるのではないかとの見方がされてきた。ベテランのスーパースターが不振に陥った際の処遇は常に難しいものだが、球団の決断は早かったし、Aロッドの決断もいさぎよかった。

人気記事ランキング