野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 「チーム一丸」象徴する2選手の活躍 広島躍進の裏に“伏兵”たちの存在

「チーム一丸」象徴する2選手の活躍 広島躍進の裏に“伏兵”たちの存在

11日の阪神戦に5-3で逆転勝ちし、DeNAに敗れた2位巨人との差を5.5ゲーム差に広げた広島。阪神先発・藤浪の前に6回までわずか2安打と苦戦した攻撃陣で、常時レギュラーではない伏兵の活躍が勝利をもたらした。

DeNA戦で逆転勝利導いた伏兵たち

 11日の阪神戦に5-3で逆転勝ちし、DeNAに敗れた2位巨人との差を5.5ゲーム差に広げた広島。阪神先発・藤浪の前に6回までわずか2安打と苦戦した攻撃陣で、常時レギュラーではない伏兵の活躍が勝利をもたらした。

 先制点は、対藤浪の相性を買われてスタメン出場した松山の本塁打だった。「今年はそれほど数字がよくないし、関係ないと思う」と言う松山だが、第1打席でフルカウントからの6球目をライトスタンドへ運んだ。

「反対方向を意識した打撃で、スライダーが引っかかってくれた。先制点として、いいバッティングができた」

 今季は、右投手相手のスタメンが増えた松山だが、6月以降は打率が急降下し、8月も月間打率が2割台前半と調子はよくなかった。前日に代打で安打を放っており、「今日もいい形でいけた。積極的なバッティングを思い出せた」と、復調の手応えを感じているようだった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中