野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 岩隈久志
  • 岩隈久志のフォーシームはメジャートップ? 米メディアが新スタッツで検証

岩隈久志のフォーシームはメジャートップ? 米メディアが新スタッツで検証

カーショーのカーブはすごい。シンダーガードのフォーシームは打てない。ダルビッシュのスライダーは魔球だ…。それぞれの投手が持つ決め球には、いろいろな形で評価されるが、その大半は“主観的”な評価だ。

20160809_iwakuma3

No.1は人類最速剛腕チャップマン、呉昇桓は6位にランクイン!

 カーショーのカーブはすごい。シンダーガードのフォーシームは打てない。ダルビッシュのスライダーは魔球だ…。それぞれの投手が持つ決め球には、いろいろな形で評価されるが、その大半は“主観的”な評価だ。打者が打席で感じたこと、評論家がこれまで見た同様の球と比べてみた評価、ファンが見た感想などが中心で、客観的なデータとして使えるのは球速、被打率が主だろう。そこで、米データサイト「Fangraphs」では、各投手のそれぞれの持ち球がどれほどすごいのかをデータで示す方法を模索。特集記事内で、新スタッツxOBA(expected on base percentage:期待される出塁率)を用いて分析した結果を紹介している。

 昨年からMLBでは「スタッツキャスト」のデータを一般公開し、打球の初速や飛び出し角度、球の回転数などが分かるようになった。記事では、こういったデータを駆使して、インプレーになった打球がヒットになる確率(xBABIP)や、特定の球種で打者が出塁する確率(xOBA)などを算出。今回はメジャー30球団の全投手の各持ち球に対するxOBAを使ってデータを整理し、「フォーシーム」「カーブ」「チェンジアップ」の3球種について、xOBAの低い順にランク付けしている。xOBAが低いということは、打者が出塁する可能性が低いということ。つまり、どれだけ打者を圧倒できるかを数値で表現できるというわけだ。

人気記事ランキング