野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 絶対王者に異変 今季初6連敗のホークス、苦境の原因と今後の打開策は?

絶対王者に異変 今季初6連敗のホークス、苦境の原因と今後の打開策は?

絶対的な王者に異変が起きている。日本列島がリオデジャネイロ五輪のメダルラッシュに沸いている8月。プロ野球界では3年連続日本一を目指すソフトバンクが苦しみ、もがいている。

3年連続日本一目指す王者が苦境に

 絶対的な王者に異変が起きている。日本列島がリオデジャネイロ五輪のメダルラッシュに沸いている8月。プロ野球界では3年連続日本一を目指すソフトバンクが苦しみ、もがいている。

侍ジャパン小久保監督、日本通運野球部選手らが野球教室、子どもたちを熱血指導(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 8月12日、敵地QVCマリンフィールドで戦ったロッテ戦。相手先発の石川歩の前に、鷹打線は2安打完封負けを喫した。6回途中まで無安打。1死から川島慶三がチーム初安打となる三塁内野安打で出塁。続く中村晃が左前安打を放ったが、二塁にいた川島が打球判断を誤って三塁に進めず。1死二、三塁。柳田悠岐がフルカウントから見逃し三振に倒れると、スタートを切っていた川島が刺され、最悪の三振ゲッツーに終わった。

 この日つかんだチャンスは、唯一この回だけだったと言っていい。それもチグハグな攻撃で好機を逸した。こうなると悪い流れは、好投を続けていた先発の和田毅をも飲み込む。直後、先頭の角中をストレートの四球で歩かせると、4番デスパイネには高めのストレートをバックスクリーンへと運ばれた。「僕の選択ミス。首を振ったことで真っすぐが来ると思われた」。決勝の2ランを浴びた左腕は敗戦の責任を背負い込んだ。

 これで、8月6日の日本ハム戦(ヤフオクD)で黒星を喫してから、今季ワーストとなる6連敗。昨季も6連敗が一度あったものの、これはリーグ優勝を決めた消化試合でのもの。2位の日本ハムが3ゲーム差と迫る勝負の夏場に食らった6連敗とは意味合いが大きく違う。

 苦境の原因は、やはり7月から続く打線の低調ぶりか。8月の10試合を消化して、2桁安打は4日の西武戦(西武プリンス)のみ。3・4月2割5分8厘、5月2割7分3厘、6月2割7分9厘で推移してきた月間チーム打率は7月2割3分2厘、そして、8月は2割2分5厘しかない。実はこれ、リーグ最低の数字である。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中