野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム、首位SBと2差 栗山監督は中田の守備絶賛「打つだけが4番ではない」

日ハム、首位SBと2差 栗山監督は中田の守備絶賛「打つだけが4番ではない」

日本ハムの栗山英樹監督が14日の楽天戦(コボスタ宮城)の守備で好プレーを見せた中田翔内野手を大絶賛した。

20160222_kuriyama

楽天に逃げ切り勝ち、中田のバント処理に「今日は本当に翔の守備に尽きる」

 日本ハムの栗山英樹監督が14日の楽天戦(コボスタ宮城)の守備で好プレーを見せた中田翔内野手を大絶賛した。

 1点リードの9回無死二塁。一塁の中田は銀次の送りバントで猛チャージ。素早く三塁へストライク送球し、三塁を狙った代走・聖沢を刺した。このプレーが失敗していれば、無死一、三塁の大ピンチだったが、中田の美守で同点の芽を摘んだ。

 試合後の栗山監督は4番を絶賛した。

「今日は本当に翔の守備に尽きる。ああいうスケールの大きな守備。勝負する執念。翔のは(三塁へ)ストライク送球を投げないとアウトにならないタイミング。本当によく勝負してくれたし、素晴らしかった。打つだけが4番ではない。本当に素晴らしかった」

 守り勝ちだった。4番手・宮西は8回無死一、三塁のピンチを招いたが、クリーンアップ3人を斬った。大谷の逆転2ランが飛び出した直後の6回1死二塁では、左翼・西川がアマダーの左前へのライナー性の打球をスライディングキャッチ。併殺とし、同点を防いだ。

人気記事ランキング