野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • ヤ軍指揮官が語る最強守護神の“魔球” 史上最高のカットボールは「簡単」!?

ヤ軍指揮官が語る最強守護神の“魔球” 史上最高のカットボールは「簡単」!?

ニュージャージー州最大のニュースサイト「nj.com」では、「ヤンキースのマリアーノ・リベラのカットボールを捕るのはどのようなものだったか」と題した特集記事を掲載。捕手としてリベラのボールを受けた現ヤンキース監督のジョー・ジラルディー氏の証言を伝えている。

20160816_rivera_girardi

女房役のジラルディ監督が証言、“魔球”はどのようなものだったのか?

 史上最高のクローザーと言えば、元ヤンキースのマリアノ・リベラ氏だ。1995年にデビューすると、2013年限りで引退するまでにメジャー歴代1位の通算652セーブを記録。通算防御率2.21という圧巻の数字を誇り、デレク・ジーター氏らとともに名門球団を5度の世界一に導いた。

 最大の武器は代名詞とも言える「カットボール」。リベラの全投球の約8割がこの球種だったが、攻略は困難を極めた。150キロを超えるスピードで、打者の手元で鋭く変化する“魔球”。これを抜群のコントロールで投げ込み、打者をねじ伏せていった。

 ニュージャージー州最大のニュースサイト「nj.com」では、「ヤンキースのマリアーノ・リベラのカットボールを捕るのはどのようなものだったか」と題した特集記事を掲載。捕手としてリベラのボールを受けた現ヤンキース監督のジョー・ジラルディー氏の証言を伝えている。

 記事では、ジラルディ監督がヤンキース時代にリベラのカットボールを4年間受け続けてきたことに言及しつつ「多くの人がリベラのカットボールを史上最高の球だという。彼にしか投げることができない球だ」と指摘。さらに、「(米データサイトの)ブルックスベースボールでは2007年までしか(データを)遡ることが出来ないが、このウェブサイトによると、2007年からリベラが引退するまで彼は88.63%の割合でカットボールを投げていた」とデータを紹介している。

 ジラルディ監督は記事の中で、リベラのカットボールがいかに凄まじいものだったかを明かしているが、実は「一番簡単だった」というのだ。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中