野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • マ軍が獲得検討も…Aロッドに“復帰”の意思なし? イチロー出場は「急増」へ

マ軍が獲得検討も…Aロッドに“復帰”の意思なし? イチロー出場は「急増」へ

主砲のジャンカルロ・スタントン外野手が負傷で今季絶望となり、アレックス・ロドリゲス内野手の獲得を検討していると報じられたマーリンズ。

スタントン負傷で獲得検討も…Aロッドの広報は「そうはならないでしょう」

 主砲のジャンカルロ・スタントン外野手が負傷で今季絶望となり、アレックス・ロドリゲス内野手の獲得を検討していると報じられたマーリンズ。しかし、引退試合を終えた通算696本塁打のスラッガーが今季中に再びグラウンドに立つことはなさそうだ。Aロッドの広報が“現役復帰”を否定したと、地元紙「サン・センチネル」が報じている。さらに、正右翼手の主砲が離脱したことで、イチロー外野手の出場機会が「急激に増える」とも同紙は伝えている。

 同紙はまず「少なくとも今シーズン、アレックス・ロドリゲスがマーリンズに加わることはないだろう」と指摘。Aロッドは12日(日本時間13日)のレイズ戦を最後に現役を引退。ヤンキースを自由契約となったが、正一塁手のボーアが長期離脱していることに加え、スタントン離脱でプレーオフ進出へ痛手を負ったマーリンズが、獲得を検討していると報じられていた。

 ただ、Aロッドのスポークスマンであるロン・バーコウィッツ氏は「そうはならないでしょう。彼が金曜の夜(ニューヨークでの最後の後)に言ったように、彼は満足しているし、リラックスしたり家族や友人と過ごす予定です」と明かしたという。マーリンズがマイアミ在住のスーパースターの獲得に本腰を入れても、再びユニホームに袖を通す可能性は低そうだ。

 一方で、同紙は「ドン・マッティングリー監督が知らせたいのは、右翼を守るパワーヒッターの欠場は深刻な問題だが、致命的ではないということだ」とも言及。「マッティングリーは2015年の9月に、マーリンズはスタントン不在ながらも16勝10敗という成績を残していることを例に出した」とした上で「彼らは証明したんだ。ジャンカルロなしでも勝つことができたんだ」という指揮官のコメントを紹介している。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中