野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

4勝目のダルビッシュ、復帰後最長8回途中9K2失点の力投で天敵制す!

レンジャーズのダルビッシュ有投手が17日(日本時間18日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、8回途中を8安打9奪三振1四球2失点(自責2)で今季4勝目(3敗)を飾った。

1勝8敗、防御率4.76と苦手のアスレチックスに快勝

 レンジャーズのダルビッシュ有投手が17日(日本時間18日)、本拠地でのアスレチックス戦に先発し、8回途中を8安打9奪三振1四球2失点(自責2)で今季4勝目(3敗)を飾った。8回のマウンドに上がったのは復帰後初。女房役ルクロイがソロ弾を含む3打点と活躍し、チームは2-6で勝利した。

 初回は先頭クリスプに先制弾を許したダルビッシュだが、回を追う毎に状態は安定した。力強い速球を軸に変化球でバットを振らせ、アスレチックス打線を抑えた。5回にもスモリンスキーにソロ弾を許したが、打線が援護してくれた。
 
 1点リードの7回、先頭から2連打で無死一、二塁、次打者の二ゴロで1死一、三塁のピンチを迎えたが、マンシーを空振り三振、最後は先制弾を打たれたクリスプを95マイル(約153キロ)速球で空振り三振に仕留め、マウンド上で雄叫びを上げた。

 7回裏にレンジャーズ打線は再び3点を追加、リードを4点に広げる。8回のマウンドに戻ったダルビッシュだが、先頭バレンシアに左翼線二塁打を許したところで降板した。

 救援のディークマンとブッシュが無失点リレーをして、チームは2-6で勝利。ダルビッシュは4勝目を飾った。99球を投げて65ストライク。防御率は2.75となった。

 この日までアスレチックス戦では11試合に先発し、1勝8敗、防御率4.76と奮わず、メジャー最大の天敵だったが、ようやく一矢報いる結果になった。 

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中