野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【高校野球】甲子園で得点力が最も高い都道府県は?

夏の大会を勝ち上がっていくには、ある程度の打力が必須と言える。そこで攻撃力、すなわち得点力にスポットを当ててみたい。

過去10年の夏の甲子園での得点を調べてみるとダントツ1位は…

 夏の大会を勝ち上がっていくには、ある程度の打力が必須と言える。そこで攻撃力、すなわち得点力にスポットを当ててみたい。

 昨年までの過去10年の夏の甲子園の結果データによると、甲子園での1試合平均得点が最も多かった都道府県は「大阪」。その数字は6.63点で、総得点も212点と唯一の200点超え。大阪の代表校は毎年20点もの得点を取っている計算になる。全32試合を戦って、完封負けが1度もないのも立派だ。

 大阪に次ぐ得点力を見せ、1試合平均で6点を上回っているのは6.18点の「東東京」と6.14点の「西東京」。東京は夏の地区大会で狭い神宮第二球場を使用するため、どのチームも打撃戦に備えて攻撃力アップに励んでいることが影響しているかもしれない。

 また、第4位は「栃木」(5.87点)、第5位は「神奈川」(5.78点)、第7位は「茨城」(5.57点)とベスト10の半分を関東地区が占めた。06年に今治西が大会史上2位の記録となる3試合連続2桁得点を奪った「愛媛」は5.00点で14位。同じく14年に敦賀気比が3試合連続2桁得点だった「福井」は5.23点で10位だった。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中