野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム大谷が先制打、好判断で一気に二塁へ 「攻・走」でSBに先制パンチ

日ハム大谷が先制打、好判断で一気に二塁へ 「攻・走」でSBに先制パンチ

日本ハムの大谷翔平投手が21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で先制タイムリーを放った。

日本ハム

首位攻防戦で2試合連続の先制打

 日本ハムの大谷翔平投手が21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で先制タイムリーを放った。

「3番・DH」でスタメン出場。初回1死二塁。岩嵜に2球で追い込まれたが、ここからファウルで6球粘った。2ボール2ストライクからの11球目。体勢を崩されながらも外角への甘いカーブを中前へ打ち返した。2試合連続の先制打となった。

 さらに、深めに守った中堅・柳田と打球が高く弾んだのを見て一気に二塁へ。中前適時二塁打とした。まずは「攻・走」でホークスへ先制パンチを浴びせた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング