野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハムのレアードが痛恨の“空振り” 今宮にタッチできず、その後同点に

日ハムのレアードが痛恨の“空振り” 今宮にタッチできず、その後同点に

日本ハムのブランドン・レアード内野手が21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で痛恨の“空振り”を喫した。

full-count18

今宮を三本間に挟むも…

 日本ハムのブランドン・レアード内野手が21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)で痛恨の“空振り”を喫した。

 2点リードの3回無死一、三塁の守り。内川の打球は一塁・中田の正面へ。中田は本塁へ送球し、三塁走者・今宮を挟んだ。捕手・大野がジリジリと三塁側へつめて三塁・レアードへ送球。レアードはタッチをしようとしたが、三塁へスパートした今宮をタッチ出来なかった。

 記録は中田の野選。無死満塁のピンチを招き、続く松田の押し出し四球で1点差に。さらに1死後、川島の併殺崩れの間に同点に追いつかれた。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング