野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 北海道日本ハムが首位・福岡ソフトバンクに迫る躍進の立役者は?

北海道日本ハムが首位・福岡ソフトバンクに迫る躍進の立役者は?

開幕直後こそ出遅れた福岡ソフトバンクだったが、4月下旬から首位をキープ。このまま最後まで独走するかと思われた。しかし、その独走に待ったをかけたのが北海道日本ハムだった。

20160511_ohtani

活躍著しい打者・大谷翔平、6月からヒット量産の西川遥輝がカギ

 8月18日、2位・北海道日本ハムがオリックスに勝ち、首位・福岡ソフトバンクは埼玉西武に敗れたことで、両チームの勝率は1厘差に縮まった。ゲーム差換算で言えば、試合前まで0.5ゲーム差だったため、通常ならば順位が入れ替わるはず。しかし、パ・リーグは勝率で順位が決まるため「マイナス0.5ゲーム差」という珍しい現象が起こった。

 開幕直後こそ出遅れた福岡ソフトバンクだったが、4月下旬から首位をキープ。このまま最後まで独走するかと思われた。しかし、その独走に待ったをかけたのが北海道日本ハムだった。

 6月19日の中日戦から白星を積み重ねると、千葉ロッテを追い越し2位に浮上。球団新記録の15連勝と破竹の勢いで勝ち進む。7月12日のオリックス戦で連勝は止まるが、そこからさらにオールスター休みを挟んで5連勝。7月は17勝4敗と大きく勝ち越し、8月も13日の楽天戦から5連勝と福岡ソフトバンクに迫っていった。

 中でも打者・大谷翔平選手の活躍が著しい。7月は打者として15試合に出場し月間打率.400、4本塁打、12打点をマーク。この8月は主に打者として出場し、ここまで6本塁打を放ち、シーズン20本塁打にあと1と迫っている。盗塁も8月だけで5盗塁と、自慢のバッティングだけでなく、足でも魅せている。

 また、西川遥輝選手の活躍も見逃せない。5月を終えた時点で今季通算打率.240と不振に喘いでいたが、6月に入ると複数安打が目立ち始め、ヒットを量産。6月、7月といずれも月間打率.329を記録。8月に入ってもその打棒は衰えず、18日の楽天戦で打率を3割に乗せ、パ・リーグ打撃成績の上位に名を連ねている。

人気記事ランキング