野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

SB工藤監督、敗戦以上のショック サファテ負傷に「いるといないで全然違う」

23日、ソフトバンクは楽天に2-3と競り負けた。同点で迎えた9回、ソフトバンクは守護神・サファテを登板させたが、2死満塁とされたあと、島内の打球を処理する際に足を滑らせて転倒。それが決勝のタイムリー内野安打となり、サファテは右足首を痛めてそのまま降板した。

打球処理で転倒して決勝点を献上、試合後に病院へ「今はどうなるかわからない」

 23日、ソフトバンクは楽天に2-3と競り負けた。同点で迎えた9回、ソフトバンクは守護神・サファテを登板させたが、2死満塁とされたあと、島内の打球を処理する際に足を滑らせて転倒。それが決勝のタイムリー内野安打となり、サファテは右足首を痛めてそのまま降板した。

 試合後にサファテはスタッフとともに病院へと向かったが、詳しい診断結果が出るのは24日となる。工藤公康監督は真っ先に守護神の負傷に触れ「1試合うんぬんよりも彼の足の方が心配」と表情を曇らせた。

「今はどうなるのかちょっとわからない。明日話を聞いてみないと何とも言えないけど、サファテがいるのかいないのかでは全然違ってくる」

 この試合、ソフトバンクにとっては不運の連続だった。4回表、無死一塁から完全な併殺コースに転がった打球が二塁審判に当たって内野安打となり、無死一、二塁に。その直後、再び併殺コースに飛んだゴロを松田宣浩がタイムリーエラー。さらに犠飛で1点を追加された先発の武田翔太は、7回途中に2失点(自責点0)でマウンドを降りた。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中