野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • 日ハム田中賢が同点タイムリー 大谷が生還して9試合ぶりの打点

日ハム田中賢が同点タイムリー 大谷が生還して9試合ぶりの打点

日本ハムの田中賢介内野手が24日のロッテ戦(QVCマリン)で9試合ぶりの打点をマークした。

full-count18

右翼線へ適時二塁打

 日本ハムの田中賢介内野手が24日のロッテ戦(QVCマリン)で9試合ぶりの打点をマークした。

「5番・二塁」でスタメン。1点を追う3回2死二塁。3ボール1ストライクから、二木のスライダーを右翼線へ打ち返した。二塁走者・大谷が生還する同点の適時二塁打となった。

 13日の楽天戦(コボスタ宮城)以来の打点。試合前まで、8月は打率.222と今ひとつだが、久々のタイムリーが復調のきっかけとなるか。

【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

人気記事ランキング