野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 広島M20点灯 福井が「投げられないかと思った」打球直撃から気迫の4勝目

広島M20点灯 福井が「投げられないかと思った」打球直撃から気迫の4勝目

広島の福井優也が24日の巨人戦に先発し、投打に渡る気迫のプレーで優勝した1991年以来25年ぶりのマジック20を点灯させた。

20160327-fukui

25年ぶりのマジック、4回に阿部に被弾で「負けたと思ってしまった」も…

 広島の福井優也が24日の巨人戦に先発し、投打に渡る気迫のプレーで優勝した1991年以来25年ぶりのマジック20を点灯させた。

 菅野との投げ合いは今季2度目。快投を続ける相手に対して、福井は4回に阿部に特大の10号2ランを被弾。先制点を許してしまった。「菅野も良かったので、あのホームランで負けたと思ってしまった」。心を折られかけるほどの痛恨の一発を浴びたが、そこから崩れなかった。

 安部のソロ本塁打で1点差となった5回。簡単に2つのアウトを取ったが、続く菅野の強烈なピッチャー返しが福井の右ひざを直撃。苦悶の表情で倒れ込んだ福井は、しばらく動けず、支えられながらベンチに下がった。

「当たった瞬間はもう投げられないかと思った」というが、すぐにベンチからマウンドに戻ってきた。アクシデントの影響が心配されたが、続く長野を気迫で二飛に打ち取った。

人気記事ランキング