野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • ニュース
  • ロッテ、先発・古谷が負傷降板で日ハムに痛恨3連敗 伊東監督「痛かった」

ロッテ、先発・古谷が負傷降板で日ハムに痛恨3連敗 伊東監督「痛かった」

25日の楽天戦は唐川の故障で急遽、ベテラン古谷に先発のマウンドを託したロッテ伊東監督。しかし、その古谷が3回に先頭・陽岱鋼の打球を左手親指付け根に受けて骨折。「そこそこ行けそうだと思った矢先で、痛かった」と嘆いた。

201160517_ito

3回に左手に打球受け降板、完敗に「逆にこれで全部出てしまったと思って…」

 25日の楽天戦は唐川の故障で急遽、ベテラン古谷に先発のマウンドを託したロッテ伊東監督。しかし、その古谷が3回に先頭・陽岱鋼の打球を左手親指付け根に受けて骨折。「そこそこ行けそうだと思った矢先で、痛かった」と嘆いた。

 いきなり無死三塁から2番手で緊急登板した阿部は、2番・西川にシュートを左越え二塁打とされるなど3失点。それでも、4、5回と3者凡退で6回までハム打線を無安打。3番手田中靖も右打者の内角にツーシーム、外角にキレのいいスライダーを投げ、7、8回を無失点に抑えた。

 7回、キャプテン鈴木が先発・増井に一矢を報いる左越えタイムリーで意地を見せたが、1-4で敗戦。伊東監督は「苦しい中で負けましたが、前の2試合に比べたら内容はありました。逆にこれで(ウミが)全部出てしまったと思って、切り替えてやるしかない。福岡では頑張ります」と懸命に気を取り直していた。
 
【了】

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

スポナビライブ プロ野球5月末まで無料で見放題!

人気記事ランキング