野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 熾烈な優勝争い続くパ ソフトバンク&日本ハム、カギ握る残りの対戦は?

熾烈な優勝争い続くパ ソフトバンク&日本ハム、カギ握る残りの対戦は?

パ・リーグの優勝争いが激しさを増している。

20150316_kudou

ホークス&日ハムの直接対決は残り2試合、他4球団との対戦は?

 パ・リーグの優勝争いが激しさを増している。

 首位・ソフトバンクを2位・日本ハムがマイナス0.5ゲーム差で追う展開。その勝率は1厘差。両チームは8月10日から3差以内で首位の座を争っている。

 ソフトバンクが26試合で、日本ハムは25試合を残している。直接対決はヤフオクドームで行われる9月21日からの2連戦のみ。3位・ロッテ以下の4球団との勝敗を大きな鍵を握る展開だ。

 そこで両チームのカード別の残り試合と今季の対戦成績を見ていきたい。まずはソフトバンクだ。

ロッテ3試合(14勝7敗1分け)
楽天6試合(12勝6敗1分け)
西武8試合(10勝6敗1分け)
オリックス7試合(11勝7敗)

 リーグ3連覇を狙うソフトバンクにとって不気味な存在なのが西武だ。30日から敵地・西武プリンスドームで3連戦に臨むが、西武は現在6カード連続でカード勝ち越し中。8月はリーグ1位タイの13勝9敗と好調だ。8月打率3割8分9厘と好調な3番・浅村栄斗は対ソフトバンク戦で今季自身カード別最高の打率3割5分7厘をマーク。要注意だ。

人気記事ランキング