野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

25年ぶりVへ広島牽引、野村はなぜ好調なのか 元恩師が語る5年目覚醒の理由

25年ぶりの優勝へ、マジック「9」となった広島カープ。その原動力となっているのが、ここまでチームメートのジョンソンに次いでリーグ2位の12勝(3敗)を挙げている野村祐輔だ。

20160427_nomura

明大コーチが語る27歳右腕の素顔と好調要因

 25年ぶりの優勝へ、マジック「9」となった広島カープ。その原動力となっているのが、ここまでチームメートのジョンソンに次いでリーグ2位の12勝(3敗)を挙げている野村祐輔だ。

 2011年のドラフト1位で明治大から入団した27歳の右腕は5月25日の巨人戦から8連勝をマーク。プロ2年目でマークした自己最多の12勝に到達した。防御率も9月1日時点でリーグ4位の2.87。勝率はリーグトップの.800を誇る。

 プロ5年目で飛躍を遂げた右腕を周囲はどう見ているのか。大学時代から野村を見てきた明治大学野球部コーチの田中武宏さんに大学時代のエピソードや今季好調の要因を聞いた。

 明大時代は東海大の菅野智之(現・巨人)、東洋大の藤岡貴裕(現・ロッテ)とともに大学BIG3と呼ばれていた野村だが、体格的には3投手の中で一番恵まれていなかった。

「やはり体が小さいから、ほかの2人に比べてエンジンが違うんですね。でも、野村は牽制やフィールディング、サインプレーがうまいんです。善波達也監督は『一番勝てるのは野村だ』と、いつも言っていましたよ」

人気記事ランキング