野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

【U-18アジア選手権】3戦連続完封勝利でセミファイナルRに臨む日本 決勝進出のカギは投手陣

2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本が誇るのは、ファーストラウンドを3戦すべて零封した投手力だ。

20160902_samurai

韓国と中国の「偵察がすごいんですよね」と指揮官 藤平&高橋は“隠し球”

 台湾・台中市で開催中の「第11回BFA U-18アジア選手権」は、2日からセミファイナルラウンドが始まる。ファーストラウンドを戦ったグループAで3戦連続完封勝利を飾り、1位通過を決めた日本は、2日にグループB2位の中国、3日にグループB1位の韓国と対戦。グループA2位のチャイニーズ・タイペイを合わせた4チームのうち、ファーストラウンドとセミファイナルラウンドの合計勝敗数で上位2チームが4日に行われる決勝戦、残り2チームが3位決定戦にコマを進める。

侍ジャパン女子代表、5連覇へ 「第7回 WBSC 女子野球ワールドカップ」が開幕(侍ジャパン応援特設サイトへ)

 2大会ぶり5度目の優勝を目指す日本が誇るのは、ファーストラウンドを3戦すべて零封した投手力だ。初戦の香港戦は左腕・寺島成輝(履正社)、2戦目の台湾戦は右腕・今井達也(作新学院)、3戦目のインドネシア戦は右腕・藤嶋健人(東邦)が、それぞれきっちり仕事を果たした。リリーフ登板を含め、今大会でまだマウンドに上がっていないのが、寺島とともに「高校BIG3」と呼ばれる右腕・藤平尚真(横浜)と左腕・高橋昂也(花咲徳栄)の2人だ。日本代表を率いる小枝守監督は、どうやら“秘密兵器”として藤平、高橋の両腕を温存しているようだ。

 ファーストラウンド3戦目のインドネシア戦終了後、藤平と高橋の起用、ならびにセミファイナルラウンドでの先発起用について質問された指揮官は「偵察がすごいんですよね」と言うと、ニヤリと笑った。大会初日から日本の試合には、必ず中国と韓国の偵察隊が姿を見せた。ビデオ撮影はもちろん球速や走力、クイックモーションの速さなど事細かにチェック。ブルペンで投球練習をする投手も、真剣な眼差しで観察していた。

人気記事ランキング