野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • イチロー
  • イチロー、マエケン攻略の口火で勝利貢献も「日本人投手との対戦で苦戦」!?

イチロー、マエケン攻略の口火で勝利貢献も「日本人投手との対戦で苦戦」!?

マーリンズのイチロー外野手が11日(日本時間12日)の本拠地ドジャース戦で「2番・右翼」でスタメン出場し、相手先発の前田健太から初安打を放った。

20160912_ichiro1

イチローVS日本人投手の対戦成績は? 米メディア「過去の対戦では苦戦」!?

 マーリンズのイチロー外野手が11日(日本時間12日)の本拠地ドジャース戦で「2番・右翼」でスタメン出場し、相手先発の前田健太から初安打を放った。0-0の同点で迎えた4回に中前打をマーク。その後、後続の適時打で先制のホームを踏んだ。これでメジャー通算3022安打とし、歴代25位のルー・ブロックまで残り「1」に。またこのヒットで日米通算4300安打に到達した。

 イチローと前田の対決は今季2度目。初対決は4月28日(同29日)にドジャースタジアムで実現し、今季メジャーデビューを果たしたばかりの前田が3打数無安打に抑えていた。この日も初回無死一塁の第1打席は投ゴロ併殺と前田に軍配が上がったが、イチローは第2打席で意地を見せた。

 4回1死一塁の場面でカウント2-2から5球目のスライダーを振り抜き、中前安打をマーク。マーリンズはこの一打をきっかけに3連打で1点を先制し、さらにボーアの犠飛で追加点を奪取。3回まで打者3人ずつで打ち取っていた前田を攻略した。マーリンズはこの得点で主導権を握り、3-0で勝利。一方、前田は6回8安打3失点とクオリティー・スタート(6回以上を自責3以内)で試合を作ったが、味方の援護がなく9敗目(14勝)を喫した。

 この日、イチローは前田に対して3打数1安打。その初ヒットの場面で、敵地で試合を中継した地元テレビ局「SNLA」の実況は「これまでイチローは日本人投手との対戦で苦戦しています」とレポートした。それでは日本人投手との過去の対戦成績はどのような結果となっているのか。

人気記事ランキング