野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

青木宣親、来季もマリナーズ残留? GMが高評価「構想から外れたことない」

17日(日本時間18日)に行われた本拠地でのアストロズ戦で、今季7度目となる“猛打賞”を決めたマリナーズ青木宣親外野手。開幕当初は地元メディアから「期待外れ」という厳しい評価も聞こえたが、マリナーズのジェリー・ディポトGMは「(2017年の)構想から外れたことはない」と、1番打者として定着した青木を高評価しているそうだ。

マイナー降格で打撃調整、サービス監督「打席での安定感がはるかに増した」

 17日(日本時間18日)に行われた本拠地でのアストロズ戦で、今季7度目となる“猛打賞”を決めたマリナーズ青木宣親外野手。3打数3安打に加えて1四球を選び、4打席全て出塁と気を吐いた。今季開幕後は、自慢の打撃の調子が上がらず、メジャー5年目にして初のマイナー降格を経験。だが、7月にメジャー昇格を果たして以降、バットは前半の不振を補って余る好調を維持している。開幕当初は地元メディアから「期待外れ」という厳しい評価も聞こえたが、マリナーズのジェリー・ディポトGMは「(2017年の)構想から外れたことはない」と、1番打者として定着した青木を高評価しているそうだ。地元紙「タコマ・ニューストリビューン」電子版が伝えている。

 シーズンも押し迫った9月。青木が存在感を発揮している。17日アストロズ戦では3打数3安打。8回に快足を飛ばして遊撃内野安打で出塁すると、地元シアトルのファンから大歓声が上がった。この日の3安打で、9月の月間打率は、なんと.387に上昇。7月にメジャー昇格後の打率も.333と高水準で安定しているが、マリナーズのサービス監督は約1ヵ月に及ぶマイナーでの打撃調整が奏功したと感じているようだ。

 記事によれば、指揮官は「(開幕当初よりも)ボールを線で捉えられるようになっている」と話しているそうだ。開幕当初は、ボールを叩いてインプレーにすることを狙っているように見えたそうだが、打撃フォームの調整を積んだことで「体が回り過ぎず、ボールに泳がされている感じがない。打席での安定感がはるかに増した」と分析しているという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中