野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

天王山2連敗で自力V消滅 SB工藤監督「1つも負けないつもりで戦うしか…」

22日、ソフトバンクは日本ハムに2-5で敗れ、首位攻防戦に連敗。日本ハムに優勝マジック「6」が点灯した。初回に中村晃のソロ弾で先制するも、直後の2回表に先発・武田翔太が2失点。2点差とされた6回にはすぐに1点を返して追い上げたが、直後の7回表に五十嵐亮太が中田翔に2ランを浴びた。

先制直後、追い上げ直後に2失点「一番痛いのは取った後に取られること」

 22日、ソフトバンクは日本ハムに2-5で敗れ、首位攻防戦に連敗。日本ハムに優勝マジック「6」が点灯した。初回に中村晃のソロ弾で先制するも、直後の2回表に先発・武田翔太が2失点。2点差とされた6回にはすぐに1点を返して追い上げたが、直後の7回表に五十嵐亮太が中田翔に2ランを浴びた。

 工藤公康監督は、試合終盤に適時打の明石健志をレフト、中村晃をセンターという、これまでにない布陣を組む執念を見せたが、終盤での3点差はあまりにも大きかった。

「一番痛いのは(点を)取った後に取られること。ピッチャーも取られようとして投げているわけじゃないけどね。あそこを踏ん張りきれていれば、相手にかかるプレッシャーも違ったと思うが、それができなかった」

 それでも、武田が招いた無死満塁の大ピンチを、2番手の森福允彦が併殺打と空振り三振で切り抜けるなど見せ場は作った。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中