野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • 前田健太
  • 1年目で16勝の前田健太、MVP級の成績残す同僚いなければ新人王候補筆頭!?

1年目で16勝の前田健太、MVP級の成績残す同僚いなければ新人王候補筆頭!?

ドジャースの前田健太投手は今季、30試合に登板して16勝9敗、防御率3.20とメジャー1年目で大車輪の活躍を続けている。米メディアは、MVP級の成績を残している同僚がいなければ、前田が新人王の筆頭候補だったと伝えている。

20160922_maeda2

筆頭候補は同僚シーガー、イチロー以来の新人王&MVPダブル受賞も

 ドジャースの前田健太投手は今季、30試合に登板して16勝9敗、防御率3.20とメジャー1年目で大車輪の活躍を続けている。米メディアは、MVP級の成績を残している同僚がいなければ、前田が新人王の筆頭候補だったと伝えている。

20160922_maeda2
ドジャース・前田健太【写真:Getty Images】

 米CBSスポーツ(電子)は「NLルーキー・オブ・ザ・イヤー、パワーランキング:コーリー・シーガーとそれ以外」とのタイトルで特集記事を掲載。「2016年のシーズン終了まで残り2週間を切った。個人賞レースに目を向ける時がやってきたようだ。ナ・リーグ新人王の状況を見てみよう」との書き出しで、新人王候補を予想している。

 タイトルにもあるように、ナ・リーグの新人王はシーガーの受賞が決定的と言われている。開幕前からナンバーワンの若手有望株と高い評価を受けていた遊撃手は、ここまで148試合に出場して打率.317、25本塁打、長打率.525、40二塁打と圧巻の成績をマーク。特集の筆頭に登場し、「シーガーが残りの期間欠場したとしても、満場一致で彼が本命だろう」と評価している。

 記事ではさらに「シーガーは1200イニング以上、遊撃として守備につき、オールスターに選出される一塁手のような打撃を見せている」と紹介。ドジャースは地区優勝までマジック4としており、「間違いなく、彼がナ・リーグ新人王だ、そしてMVP候補でもある」と絶賛している。メジャーの歴史でも、新人王とMVPを同じ年に受賞したのは1975年のフレッド・リン(レッドソックス)、そして2001年のイチロー(マリナーズ)の2人のみ。イチロー以来のダブル受賞となるか、注目が集まる。

人気記事ランキング