野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • NPB
  • コラム
  • 末恐ろしい22歳 “天才超え”鈴木は4年目時点で広島史上最高の高卒野手に!?

末恐ろしい22歳 “天才超え”鈴木は4年目時点で広島史上最高の高卒野手に!?

広島の鈴木誠也が22日の阪神戦(マツダスタジアム)で9回に藤浪からソロ本塁打を放った。これが今季28本目で、カープの高卒4年目の数字では前田智徳の27本を超えた。

20160430_suzuki

前田智徳の4年目超えた鈴木、歴代打者と比べても際立つ打撃成績

 広島の鈴木誠也が22日の阪神戦(マツダスタジアム)で9回に藤浪からソロ本塁打を放った。これが今季28本目で、カープの高卒4年目の数字では前田智徳の27本を超えた。

侍ジャパンがタイブレークで勝利 カギは左腕・岡田の度胸と「ブルドッグ」(侍ジャパン応援特設サイトへ)

20160430_suzuki
広島・鈴木誠也【写真:編集部】

 末恐ろしい22歳だ。藤浪の直球を完璧にとらえバックスクリーンへはじき返した。優勝決定後、上位打線が軒並み調子を落とす中で、鈴木は結果を残し続けている。

 背番号51の大先輩に当たる前田と、今季大ブレイクを遂げた鈴木の4年目(鈴木は9月23日時点)の成績を比較してみた。

〇鈴木 126試合、打率.336、28本塁打、94打点、16盗塁
〇前田 131試合、打率.317、27本塁打、70打点、10盗塁

 一概に比較はできないが、天才の異名を取った前田を数字上では完全に上回っている。ドラフト制後、歴代をさかのぼって主な高卒野手の4年目と比べても、鈴木の成績は際立っている。

人気記事ランキング