野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

オリックス吉田正、楽天茂木と新人王候補“直接対決”で2桁本塁打に乗せる

9月28日、北海道日本ハムのリーグ優勝が決まり、残るはタイトル争いに注目が集まる。

full-count18

昨年は侍ジャパン大学代表に名を連ねた2人

 9月28日、北海道日本ハムのリーグ優勝が決まり、残るはタイトル争いに注目が集まる。

 パ・リーグの新人王争いに目を向けると、投手ではプロ3年目で新人王資格を有し、2桁勝利を挙げた北海道日本ハムの高梨裕稔投手。打者では開幕からショートのレギュラーに座り、最近では中軸を任されている楽天の茂木栄五郎内野手、8月18日の北海道日本ハム戦でプロ初本塁打を放つと、約1か月弱で9本塁打とハイペースで本塁打を量産するオリックスの吉田正尚外野手がその候補に挙げられる。

 くしくもこの2人は昨年、侍ジャパン大学代表としてメンバー入り。韓国で行われたユニバーシアードでは吉田正は4番、茂木は主に5番としてともにクリーンアップを打った間柄だ。

 北海道日本ハムの優勝が決まった翌日の29日、パ・リーグ唯一の試合となったのは京セラドーム大阪のオリックス-楽天。オリックスの2連勝で迎えた3連戦最後の試合、吉田正は「3番・ライト」、茂木は「5番・ショート」でスタメン出場した。

 1回表、楽天の4番・ウィーラーが左前へ先制打を放った後、続く1死一、二塁のチャンスで茂木に打席が回る。茂木はオリックス先発・金子が投じた初球のカーブを打ちに行くも、打球は飛び込んだファースト・伊藤に阻まれ一ゴロに倒れた。

 その裏、吉田正は1死一塁で打席へ。カウント2-2から楽天先発・塩見のカーブにタイミングを外され、セカンドの前に打球が転がる。捕球した藤田は二塁へ送球しフォースアウトに。吉田正は一塁に残り、続くT-岡田の右前安打で一気に三塁を陥れる好走塁を見せた。

人気記事ランキング