野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メジャー当落線から大躍進の韓国人強打者 オリオールズ監督が粋な計らい

メジャー当落線から大躍進の韓国人強打者 オリオールズ監督が粋な計らい

一時は混戦のWC争いで遅れを取りそうになったオリオールズだが、その望みをつないだのが、9月28日(同29日)に飛び出した金賢洙の代打2ランによる勝利だった。メジャー1年目の韓国人スラッガーの活躍ぶりを、名将バック・ショウォルター監督が絶賛している。地元紙「ボルチモア・サン」電子版が伝えている。

開幕マイナー行きを拒否するも、終わってみればチーム最高出塁率を記録

 ワイルドカード(WC)でプレーオフ進出を果たしたオリオールズは、4日(日本時間5日)ブルージェイズとのWCゲームに惜しくも敗れ、2016年シーズンに幕を下ろした。一時は混戦のWC争いで遅れを取りそうになったオリオールズだが、その望みをつないだのが、9月28日(同29日)に飛び出した金賢洙の代打2ランによる勝利だった。メジャー1年目の韓国人スラッガーの活躍ぶりを、名将バック・ショウォルター監督が絶賛している。地元紙「ボルチモア・サン」電子版が伝えている。

 昨オフ、オリオールズと2年700万ドル(約7億2000万円)で契約した金は、スプリングトレーニングでは23打数無安打など成績が上がらず、開幕マイナー行きを打診されたが、契約を理由に断っていた。一連の騒動について、記事では「困難な幕開けだった」と指摘しているが、最初に与えたネガティブなイメージを、堅実なプレーで覆した。少しずつチャンスをものにした金は、2番打者として定着。最終的には「フリースイング打者ばかりが集まるオリオールズ打線で必要な、辛抱強い打者」になり、「チーム最高の出塁率.382」を記録するまでに至ったと触れている。

 記事によれば、プレーオフが始まる直前にショウォルター監督は、慣れない環境で大躍進を遂げた金に粋な計らいをしたという。プレーオフのロースター入りしたことを、直接本人に告げたのだそうだ。「直接伝えてあげたかったんだ。(ロースター入りすると)分かっているとは言い切れないから」と、笑顔で話したという。

人気記事ランキング

  • クライマックスシリーズ全試合 一球速報中