野球の「知りたい」がここに。ベースボール専門メディア

Full-Count

  • HOME
  • MLB
  • MLB総合
  • メークドラマで生まれる名言? 球史に残る逆転優勝から生まれた言葉とは

メークドラマで生まれる名言? 球史に残る逆転優勝から生まれた言葉とは

2016年のパ・リーグの戦いは、北海道日本ハムファイターズが大逆転で4年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた。球団新記録となる15連勝をマークし、驚異の猛追で逆転優勝。これからクライマックスシリーズの戦いへと続いていくが、米国では過去にどのようなメークドラマがあったのかを振り返ってみよう。

20160818_kuriyama

2012年アスレチックスは13ゲーム差から逆転優勝

 2016年のパ・リーグの戦いは、北海道日本ハムファイターズが大逆転で4年ぶりのリーグ制覇を成し遂げた。6月24日時点では福岡ソフトバンクホークスに最大11.5ゲーム差を付けられていたが、6月末から7月にかけて球団新記録となる15連勝をマークし、驚異の猛追で逆転優勝を達成した。これからクライマックスシリーズの戦いへと続いていくが、米国では過去にどのようなメークドラマがあったのかを振り返ってみよう。

 2012年のオークランド・アスレチックスは、6月30日時点でアメリカン・リーグ西地区の首位から13ゲーム差をつけられていた。そこから7月は19勝5敗、8月は18勝10敗と驚異的な追い上げを見せるが、シーズン残り10試合でまだ5ゲーム差という状況だった。

 そしてシーズンも残り3試合となり、相手は地区首位のテキサス・レンジャース。その直接対決で首位レンジャースをたたいて、オークランド・アスレチックスはついに首位に立つ。シーズン中で唯一地区首位に立ったのがシーズン最終日となり、劇的な形でレギュラーシーズンの戦いを終えた。

 毎年思うことだが、MLBは本当にうまくスケジュールを決めている。毎年のようにシーズン終盤に熾烈な戦いが繰り広げられ、こんなシナリオがよくできあがるなと感心させられるものだ。

 今シーズンもレギュラーシーズン最終日まで、翌日に「163試合目」となるワンデー・プレーオフが必要な可能性を残していた。結果的に上位チームが勝利したため、「163試合目」は行われずにレギュラーシーズンは無事に終了した。

 このように、最後の最後までもつれたり、大逆転優勝が起こるなどの劇的なシーズンとなった時には、球史に残る、または記憶に残るような名言が生まれやすいものだ。

人気記事ランキング